数年前から映画祭募集サイトとしてWithoutboxのサービスへの不満がweb上で散見さていました。amazonに買収、IMDBと統合されメールキャンペーンを重視していた頃のサービスではその優位性は際だっていましたが、登録される作品と映画祭の数の増加で、フィルムメーカーと映画祭のマッチングにおいて利用者の満足を得られなかったようです。過去3−5年はヨーロッパを中心に幾つも同様なサービスが立ち上がっていましたが、「WithoutboxとFilmFreeway」の2つのサービスに絞った考察は興味深い。やはり、FilmFreewayの人気を無視出来ない状況になっているようです。
https://stephenfollows.com/the-revolution-in-film-festivals/