TSH BLOG

The Life blog: Film / Music / Arts / Photography / Architecture / design

メニュー 閉じる

カテゴリー: Film Festival (2ページ / 3ページ)

The Making of Spin Cycle

スリランカ出身のカナダ在住若手作曲家:Dinuk WijeratneAfiara quartet

ジュリエット・ルイス:ドキュメンタリー

ジュリエット・ルイス:ドキュメンタリー
‘Hard Lovin’ Woman’: Juliette Lewis Documentary
ナチュラル・ボーン・キラーズ出演、元ブラピの恋人で有名な彼女のドキュメンタリーが今年のトライベッカでプレミア上映されたようです。
続きを読む

The First Monday in May

最近よく目にするthe Met Ballですか。しかもアナ・ウインター。

http://Tribeca 2016

 

The New York City Drone Film Festival

Catalystが、第2回The New York City Drone Film Festivalを紹介していました。偉い!

http://ja.catalyst.red/articles/nyc-drone-film-festival

catalyst_nydff_2016

SOFI TUKKER – Drinkee

SOFI TUKKER – Drinkee (Live at Bardot LA, 02/16/16)

http://www.sofitukker.com/

http://schedule.sxsw.com/2016/events/event_MS36600

最後の夜に見逃したデュオ

続きを読む

The Austin 100: A SXSW 2016 Mix

SXSW2016 NPR/SXSW

The Austin 100: A SXSW 2016 Mix

今年のSXSW2016: THE AUSTIN 100がNPRのサイトで公開されています。滞在が短かったのでミュージックのライブ会場はほとんど見ることはできませんでしたが、フォローアップがあるのがSXSWの良いところ!
The Austin 100: A SXSW 2016 Mix アクセスしたらすかさず、LAUNCH THE APPをクリック!
NPR.org/SXSW
http://www.npr.org/series/sxsw/
Chicano Batman, Live In Concert: SXSW 2016

WithoutboxとFilmFreeway

数年前から映画祭募集サイトとしてWithoutboxのサービスへの不満がweb上で散見さていました。amazonに買収、IMDBと統合されメールキャンペーンを重視していた頃のサービスではその優位性は際だっていましたが、登録される作品と映画祭の数の増加で、フィルムメーカーと映画祭のマッチングにおいて利用者の満足を得られなかったようです。過去3−5年はヨーロッパを中心に幾つも同様なサービスが立ち上がっていましたが、「WithoutboxとFilmFreeway」の2つのサービスに絞った考察は興味深い。やはり、FilmFreewayの人気を無視出来ない状況になっているようです。
https://stephenfollows.com/the-revolution-in-film-festivals/

2016 SXSW FILM FESTIVAL AUDIENCE AWARD WINNERS

SXSW2016のオーディエンス・アワードが公開。
http://www.sxsw.com/film/news/2016/film-festival-audience-award-winners-announced

Documentary Feature Competitionに TOWERが選ばれるが、Documentary Spotlightに Mr. Gagaなのが意外。ダンス系の作品はオフィシャルセレクションに入ることも珍しいが、オーディンスアワードを獲る作品はあまり見ない。

続きを読む

Here’s What You Missed at SXSW 2016

http://nofilmschool.com/2016/03/everything-youre-missing-sxsw-2016

SXSW2011, 25 YEARS

IMGP2375-1200x798

IMGP2407-1200x798

SWSWを創った3人。左はドキュメンタリーの監督

© 2018 TSH BLOG. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.

Copyrighted Image