The Life blog: Film / Music / Arts / Photography / Architecture / design

月: 2021年6月 (page 1 of 1)

SXSW VR STUDIO

2022 SXSWのパネルピッカーの応募受付が6月29日から始まるらしく、久しぶりにSXSWからメールで案内が届いた。メールによると2021 SXSWのコンテンツもすでにYouTubeに公開されているようなので幾つかチェック。2021年のSXにはオンラインで参加したが、FILMフェスティバルのコンテンツは、ジオブロックの制限でほとんど観ることが出来ませんでした。

これまで現地テキサス州オースティンで開催されてきたこのコンベンションに参加するには、部門毎に10万円ほど、旅費と宿泊費を加えると40万程度は費用が必要。これでは容易に参加など出来ないのだが、2020年のSXSWは開催直前にオースティン市からの要請でコロナ感染防止のため急遽、オンランに移行した。今年は、ほぼ1年の準備期間を使ってフルオンラインで開催。2020年の12月(?)頃に販売が開始されたアーリーバードのオンラインチケットの宣伝文句には「全てのFILMやセッションをオンラインで参加出来ます。」と案内されていた。FILMのジオブロックについて説明はなかったが、破格な値段に期待しつつ購入しました。しかし、開催してみるとFILM業界のお約束通り、コンテンツにはジオブロックが掛かり、アメリカ国内からのみアクセス可能でオンライン上でのスクリーンキャプチャーさえ不可能という徹底(普通かな)ぶりだったのです。

そいう状況でもパネルピッカーで選ばれたセッションは見る事ができたし、ほとんどのパネルディスカッションも一応オンラインで時間をずらして見ることも可能だった。ただ、あまりにもセッションが多く会期中には全てをみることは不可能でした。

FILMで公開された作品のくわしい解説はPRONEWSにも出ているので詳しい説明は省きますが、オンラインのFILM上映はやはりジオブロックがつきもので配給も収益と権利保護の為にジオブロックが最低限の条件としてリクエストしています。それでも短編作品のいくつかと長編が日本からアクセスできました。

今年も出会えたSXSWらしさの映画たち

PRONEWS

VRスタジオでのパネルディスカッション

XR at a Crossroads: Maintaining Empathy | SXSW 2021

 今年のSXSWでのオンラインセッションの中で特に印象に残るセッションはVR・ARについてのセッションでした。この《XR at a Crossroads: Maintaining Empathy》はSXSW のVURTUAL STUDIOというセットアップで収録されています。XRとはVR/MR/ARなどの総称ということらしい。つまり、xRealityのことですね。

セッション中はVR空間をカメラが動き、なかなか凝った演出。Zoomを使ったミーティング映像で見る個人宅のバラバラな空間を集めたアンバランスさがない安定した画面に出演者も落ち着いた様子です。

パネルは
Ryan Groves | Founder & CEO | Infinite Album
Lucas Rizzotto | Founder, Creator | Where Thoughts Go, Lucas Builds the Future
Christina Kinne-Menardi | CMO & Events Mgr | Tivoli Cloud VR
Dan Franke | Founder, Dir | Studio Syro

続きを読む

Copyrighted Image